HOME>特集>発見したら近づくな!ハチの巣を見つけたら正しい行動をとるべき

発見したら近づくな!ハチの巣を見つけたら正しい行動をとるべき

蜂の巣

巣を発見したら近づかないこと

外に洗濯物を干している時や庭の掃除をする時など、木や家の屋根を見た時に、ハチの巣ができている事を知り、驚く方もいます。ハチの巣に近づいてしまった場合、刺激しないようにゆっくりと離れる事が必要ですし、蜂の巣が大きくなり、数が増えないようにすぐに専門業者への連絡が必要です。ハチの巣がある事を知らないまま、近づいてしまう方は多いため、巣を発見した方はすぐに家族や近所の方に知らせるなど、被害に合う方が出ないように伝える事をおすすめします。住宅街でもハチが巣を作るケースは多く、家の周りにハチが多いと感じた時は、家の周りを慎重にチェックして、ハチの巣ができていないかを調べる事で、早めに対策を取る事ができます。

ハチの巣

すぐに業者に連絡をしよう

家の周りにハチがたくさん飛んでおり、異変を感じた時にハチの巣が見つからない場合でも、専門業者に連絡をして、調べてもらう事は大事です。蜂の中には、屋根裏に巣を作り、屋根の隙間からハチが出入りしている事もありますし、床下や木の中に巣を作っている事も考えられます。専門業者なら、蜂の行動をチェックして、どこに巣を作っているかを予測する事ができ、蜂の巣を見つけてくれます。屋根裏や木の根っこ部分など、ハチの巣の駆除で工具が必要になり、素人では対応できない場合でも、専門業者なら必要な道具を揃える事ができ、安全対策を取ってから作業を進めてくれるため、安心です。ハチの多さで不安になった時は、専門業者にハチの巣ができていないかを調べてもらう方法もあります。